借  金

債務整理とは
 弁護士がご依頼者の代理人となって、お客様の借金・債務の整理をすることを債務整理といいます。
 主な方法としては、任意整理、個人再生(民事再生)、自己破産という手続きがあります。
 また、これまでに借入先に払い過ぎた利息を取り戻す、過払い金返還請求という手続きがあります。
 いずれの場合も、弁護士がお客様から依頼を受けて手続きを進める場合は、
 直ちに、借入先の金融業者からの取立てや支払いをストップすることが出来ます。

※【 債務整理の場合の減額報酬はいただきません】

減額報酬とは?
 実際に債務整理が成功すること(借金の額が減ること)により発生する弁護士への報酬です。

 従来借入先に支払うべき金額として予定されていた金額から、
債務整理後にどのくらい支払額を減額できたかで、弁護士への支払金額も変動します。
 本来支払いに困って弁護士を頼っていらっしゃっているのですから、
いくら借金の支払い金額が減っても、弁護士への報酬が高くては意味がありません。
 そのようなご不安を解消するため、
当事務所では、債務整理の減額分に対する報酬はいただかない方針をとっています。
任 意 整 理
 金融業者などの貸主に対して、残っている借金の分割払い等の交渉をする手続です。
 弁護士が依頼を受けて債務整理をすることによって、残っている債務額を利息制限法に基づいて
再計算し、これまでに払いすぎた利息がないか確認の上、ご依頼者の返済可能な金額等を考慮して、
貸主との間で新たな分割支払いの合意を成立させ、経済的にやりなおすことを目指します。
   ※任意整理によって、ご依頼いただいた時よりも、
    貸主への支払金額が少なくなった場合でも、当事務所では減額報酬はいただきません。
過 払 い 金 返 還 請 求
 これまでの借金返済について、本来支払うべき金利よりも高い金利で支払いをしていた場合、
払いすぎた金利(過払い金)を返還するように求める手続きです。
 貸金業者が任意交渉での返還に応じない場合には訴訟を提起して回収を行います。
個 人 再 生 ( 民 事 再 生 )
 将来の継続的な収入がある場合に裁判所を通じて行う手続きで、
借金の一部を弁済し、残りの借金を免除してもらうことによって、
借金を圧縮して経済的にやりなおすことができます。
 (借金のおおよそ5分の1から10分の1まで減額された額、
  ざっくりいえば最低100万円~を3年間で弁済します。)
 主に住宅ローンがあり、住宅を残したい場合に利用されます。
自 己 破 産
 所有する財産より借金が多く、支払い不能の状態になった場合に、
借金の返済ができない状態を裁判所に認定してもらい、
法律上借金を免除(ゼロに)してもらう手続きです。
 免責制度の利用によって、借金を返済する必要がなくなり、経済的にやりなおすことができます。