弁護士費用

1 弁護士費用の主な項目について 
2 着手金と報酬の基準について → こちらをご覧ください。
3 費用のお支払いについて   → こちらをご覧ください。
4 具体的な弁護士費用例について → こちらをご覧ください。

1 弁護士費用の主な項目について

法律相談料とは
 弁護士が、お客様に対して法律相談を行った際に頂く費用です。
 ただし、ご相談された事案について、弁護士にご依頼された場合は相談料は頂きません。
 また、顧問契約を締結されているお客様につきましては、法律相談料は頂いておりません。
着手金とは
 弁護士に事件等を依頼した段階で、事件等の結果に関係なくお支払い頂く費用です。
 そのため、仮にその後結果が成功せずに終わった場合(例えば、訴訟で敗訴した場合など)でも、
 原則として返金されないものです。
報酬金とは
 事件等が成功に終わった場合、事件等終了の段階でお支払い頂く費用です。
 成功というのは一部成功の場合も含まれ、成功した度合に応じて報酬金をお支払い頂きます。
 全く不成功の場合には報酬金はお支払い頂く必要はありません。
実費とは
 事件等処理のために実際に必要となる費用です。
 例えば、交通通信費や、裁判所に納める収入印紙代、郵便切手代、予納金、謄写料、などです。
これらは、事件をご依頼された時に概算額でお預りするか、 事件等が終了した際にご精算させて
頂きます。
日当とは
 事件等処理のために事務所所在地を離れて、移動等に時間を費やすことによって発生する費用です。
顧問料とは
 顧問契約を締結することによって、継続的に発生する費用です。