(3)広くは知られていない損害賠償額査定基準の違い

 

交通事故では、大きく分けて

①自賠責保険の基準
②損害保険会社の基準
③裁判になった場合の基準

3つの算定基準があり、このうち、どの基準で計算するかによって、
損害の金額が大きく異なることとなります。


  •  ① 自賠責保険の基準


 1つ目の慰謝料計算基準は「自賠責基準」です。自賠責基準は、自賠責保険で保険金を計算する際に利用されています。
 自賠責保険は、もともと交通事故被害者に対する最低限の給付をすることを目的とする保険なので、支払金額も低くなります。任意保険などは「自賠責基準」があたかも正当な基準であるかのような説明をしてくることがありますが、自賠責基準は被害者がもともと持っている法的な権利としての慰謝料請求権の金額と比べて相当小さな金額となるので正当とは言えず、鵜呑みにすべきではありません。

  • ② 損害保険会社の基準


 任意保険基準は、任意保険会社が保険金を計算するために独自に定めている基準で、主に任意保険会社が被害者と示談交渉を進める際に利用されます。
多くの交通事故のケースにおいては被害者が自分で示談交渉を行うので、任意保険基準を適用されて各種の慰謝料が計算されています。
 任意保険基準は、自賠責基準よりは多少高めになっていることが多いですが、被害者に保証された法的な権利としての慰謝料の金額と比べると、かなり低くなります。つまり、任意保険から提示された慰謝料の金額で納得してしまったら、被害者にとっては損になる可能性が高まるということです。

  •  ③ 裁判になった場合の基準


 3つ目の基準は弁護士基準です。これは、法的な根拠を持った正当な基準であり、裁判によって慰謝料を請求するときにも採用されています。
金額的にも3つの基準の中でもっとも高額です。弁護士が示談交渉に対応すると、当然のように弁護士基準が適用されるので、被害者が自分で示談交渉を進めるよりも大幅に示談金が増額されることもあります。


 


「保険会社の人が、基準に基づいて計算していると言っていたから、たぶん大丈夫だろう・・・」と思ってしまうのが当然です。

しかし、その基準がいくつもあるとは、相手の保険会社は言ってくれません
当事務所で解決した事案でも、
ご本人が保険会社から一番最初に受けた提示額の約10倍以上の増額になったケースもあります。



 一般的に損害賠償の基準は、
①自賠責保険の基準〈 ②損害保険会社の基準〈 ③裁判になった場合の基準 
の順に金額が高くなっていきますが、加害者の保険会社から提示される示談額は、②の「損害保険会社の基準」を用いて計算されたものとなっていることが多いと言えます。
 そのため、提示内容によっては、「裁判を起こすことで賠償金額が大幅に増額される」と見込まれるものも多く含まれています。
   

 ですから、保険会社から示談案の提示を受けた場合には、必ず交通事故処理の知識・経験に長けた弁護士にご相談の上、示談に応じるか否かを検討して頂く必要があると考えています。

 もっとも、実際に裁判を行ったほうがいいかどうかについては、
提示された示談の内容やケガの程度、裁判に掛かる時間や労力などについても慎重に考慮して検討しなければなりません。






→ (4)損害賠償請求を行う際に必要となる資料など 
→ このページのトップ画面に戻る