交通事故問題の解決について

(3)広くは知られていない損害賠償額の基準の違い
 交通事故では、大まかに分けて、

   ① 自賠責保険の基準
   ② 損害保険会社の基準
   ③ 裁判になった場合の基準

3つの算定基準があり、このうち、どの基準で計算するかによって、
損害の金額が大きく異なることとなります。
「保険会社の人が、基準に基づいて計算していると言っていたから、
 たぶん大丈夫だろう・・・」と思ってしまうのが当然です。

しかし、その基準がいくつもあるとは、相手の保険会社は言ってくれません。
当事務所で解決した事案でも、
ご本人が保険会社から一番最初に受けた提示額の
約10倍以上の増額になったケースもあります。

 一般的に損害賠償の基準は、
①自賠責保険の基準〈 ②損害保険会社の基準 ③裁判になった場合の基準 
の順に金額が高くなっていきますが、
加害者の保険会社から提示される示談額は、②の「損害保険会社の基準」を用いて
計算されたものとなっていることが多いと言えます。
 そのため、提示内容によっては、「裁判を起こすことで賠償金額が大幅に増額される」
と見込まれるものも多く含まれています。
   

 ですから、保険会社から示談案の提示を受けた場合には、
必ず交通事故処理の知識・経験に長けた弁護士にご相談の上、
示談に応じるか否かを検討して頂く必要があろうかと思われます

 もっとも、実際に裁判を行ったほうがいいかどうかについては、
提示された示談の内容やケガの程度、裁判に掛かる時間や労力などについても
慎重に考慮して検討しなければなりません。

→ (4)損害賠償請求を行う際に必要となる資料など 
→ 交通事故トップ画面に戻る